株式会社アード・ソシヨ

説明画像
社員との打合せ風景です。
説明画像
年2回、イベント(遠足など)を行っています。
成長できる企業
社員の真摯さ、仕事の質の高さでお客様から高く評価されています。
ビジョン 真の意味で役に立つ「質」の高いソフトウェアの提供を目指しています
目標 まず第10期に100名体制を築きます。
事業内容 私たちはシステム開発をエンド・ユーザー様の自社変革プロジェクトとして捉え、その成功に向けて「ちから」を提供していきます。
・ITコンサルティング
・受託ソフトウェア開発
・システム運用・保守
所在地 東京都千代田区神田須田町1-5-1 東洋須田町ビル 4F
資本金 600万円
財務情報 2011年3月期実績 7,300万円
2012年3月期実績 1億500万円
2013年3月期見込 1億4,700万円
募集職種 SE、プログラマ(Java、.Net、C++など)
企業URL http://www.ardsosiyo.com/
自社のウリ ■社長・社員交えて、会社の事業計画などを考える全員参加の会社です。
■仕事、顧客、社員についても真摯な態度で臨む、真面目な会社です。
■社長に何でも話し相談できる、オープンな体質を持っています。
採用情報
  • 企業採用ページ

株式会社アード・ソシヨ 代表取締役 安田 晋

株式会社アード・ソシヨ
代表取締役 安田 晋
1962年 兵庫県神戸市生まれ
1982年 国立鳥取大学工学部入学
1986年 株式会社エム・アイ・ティー入社
2007年 同社の内部分裂により退職
2007年 単独で株式会社アード・ソシヨ設立

なにごとにも真摯な会社でありたい

株式会社アード・ソシヨ
代表取締役 安田 晋

―御社の事業内容を教えてください。
当社は企業向けの業務アプリケーションシステムの開発を事業としています。システム開発は顧客企業の自己変革プロジェクトであるととらえ、私たちの「ちから」を提供することで顧客の成長を促進したいと考えています。そのためには真の意味で「質」の高い、役に立つシステム開発を行っていく必要があります。私たちは、共に研鑽をつみ良いものを提供しようとする集団でありたいと思っています。

―起業の経緯を教えて下さい。
私は前職で300名規模のシステム開発会社に所属し、技術者として、また管理者として活動していました。その会社は、目標のある、また、力のある技術者が集まった良い会社でしたが、TOPの分裂により消滅してしまいました。私にはその会社での活動の中で、自分自身で描いていた「真に役立つシステムを提供する会社」にしていく、という夢がありました。その夢を実現するには、既存の会社に所属するよりも一から自分で構築していくべきと考え、当社を設立しました。

―御社の成長の秘訣は何でしょうか。
お客様は良いシステムを提供してくれる「ちから」のある会社を求めています。
私たちは会社設立直後の初期の段階から、そういったお客様の要望にお応えすることに成功しました。お客様からリピートオーダーを頂戴することができ、仕事を安定的に受注することができています。会社設立3年目にリーマンショックの影響を受け、厳しい時期をすごしましたが、その際も右肩上がりの成長ができました。それはひとえに、お客様から求められるものを私たちが提供できてきたからだと、考えています。

―経営において、大切なことは何でしょうか。
私は現在も技術者なのですが、それだけに現場で活動する技術者の様々な思いを少しはわかっていると思います。構築対象のシステムの目的もわからず、目標も見えず、厳しいスケジュールの中でひたすら作ることを求められ、生きがいも感じられずにすり減っていく技術者のなんと多いことか。システム開発の会社を経営する、ということはそういった技術者の思い、苦しみ、そして本当の喜びや目指すものを理解できなくてはなりません。私は技術者を理解し、肌身で感じ、共に悩み考えながら会社を育てて行きたいと思っています。

―今後のビジョンをお願いいたします。
良いシステムを提供していくためには、目的意識とともに会社の規模が必要となってきます。数百名規模のシステムを構築するだけの「ちから」を持つ必要があるわけです。私たちはそういった「規模」によるちからも大切だと考えています。そのため私たちは拡大方針をとっています。当面の目標としては第10期に100名体制を築くこと。そして、ただ規模を大きくするのではなく、そのプロセスにおいて「真に役に立つソフトウェア」を追求していくこと。本気でこれらのことを実現していきたいと考えています。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

PAGE TOP